ぽれぽれ☆おさやん

おさみさおです!
フリーアナウンサーで英語講師、双子の母もやってます~。

2007年11月

34 週突入!

双子妊娠34週に入りました!
赤ちゃんの推定体重は男の子が1900g、女の子が2000g。
窮屈な中でがんばってるよ?。

正期産と呼ばれる37週まであと3週間!
なんとか持ちこたえてくれ?。

赤ちゃんは出たい出たいと言ってるのに、なぜ37週まで持たせるのか…
先日主治医から詳しく説明が。

赤ちゃんはお腹の中では羊水という水の中で過ごしていて
酸素はヘソの緒を通して、お母さんの胎盤から得ています。

じゃあ私たちは?というと…
空気中の酸素を肺呼吸で得ています。

ここで重要な機能を果たす「肺」!
その肺が胎内で完成するのが妊娠37週ということ。

それまでに産まれてしまうと、赤ちゃんは肺が完全にできてないので
うまく呼吸ができず、酸素が行き渡らないので危険…なのです。

私の入ってる病院にはNICU(新生児集中治療室)がないんだけど
万が一早産になった場合は
小児医療専門の県立こども病院に搬送されるそうです。

今は医療が発達しているので
どんなに小さく産まれても大丈夫というイメージがあるけど
母としてはなるべく丈夫に産んであげたいと思うよね。

今となれば、妊娠後期に入っても
まったく安静に過ごせなかったことを悔やんだりもするけれど
今さらくよくよしてもしょうがない!
母は強く立ち向かうのだ!

写真は昨日読んだ本。
女優水野真紀の「にんぷ読本」。
妊娠判明から出産まで、彼女が乗り越えてきたいくつもの波が
事細かに綴られていて、お産入院以降のくだりには涙がぽろぽろ。

今、日に日にお腹の子にエネルギーを吸い取られて
体力の限界を感じているけれど
これは女優だって議員の妻だってセレブだって
越えなくちゃいけない山…と勇気がわいてきた。

望んで授かった命だもの。
苦しいけど、ありがたい喜び。と、思えるようになってきました。

ラジオ♪

cb8319d4.jpg
入院生活10日目。

消灯が9時半で、その時間にはテレビも自動でシャットダウン!
月9の「ガリレオ」も謎が解ける前に消えちゃうので悶々するぜぃ。
対策として、東野圭吾の「探偵ガリレオ」と「予知夢」の
小説2冊で続きを楽しんでます。

そして私の入院生活のお供が…ラジオ!
イマイチ感度がよくないので、アンテナあっちこっち向けたり
私が手伸ばしてアンテナになってみたり
いつも変なカッコで聞いてます。

昨晩はなぜかおでこの上に乗せると絶妙なバランスだったので
お腹の子どもと3人で宇宙と交信する気分で、電波をキャッチ(笑)!

そういえば昔SBSでDJしてた頃、
国立病院の入院患者さんがよくハガキくれたなぁ。
病床で得るわずかな情報から話をたっぷり膨らませて
行間まで文字で埋め尽くした真っ黒なハガキだった。
その後国立病院は閉鎖され、その人もよそに転院になったようで
ハガキはぱったり来なくなった。

つながってたよなぁ。
やっぱり私、ラジオ好きだなぁ。受け手としても。
なんて、おでこからアンテナ伸ばして考えてました。

一緒に映ってるお花は、
友達のカコちゃんがお見舞いで持ってきてくれたもの。
看護師さんに「お姉さん?妹さん?似てるよね」と言われた。
昔FM-Hiにいたメンバーたちは
今奥さんやお母さんになってる人が多くて
みんな私の体調を気遣って、続々と会いに来てくれたり
励ましメールをくれたりする。ありがたいです♪

モニター

0b1b53ad.jpg
管理入院中は週に数回「NST(ノンストレステスト)」
というこの機械をお腹につないで
赤ちゃんの心音とお腹の張りを調べます。

赤ちゃんの心拍数は二人とも150?160で順調。
胎児の心拍数って、高いんだよね。

モニターをつけると違和感を感じるのか
二人でぐるんぐるん動いてる。
ソフトボール大の固まり(頭!)が上下左右に移動してるのが目で見えるくらい!

今、私のお腹はマッサージチェアみたいだわ(笑)!
凝ったとこ、揉みほぐしましょか??

モー娘。辻ちゃんちも産まれたのねぇ。モーニング孫?

今日のごはん

6e4888d5.jpg
入院生活5日目を迎えました。
今日のお昼は、炊き込みご飯に茶碗蒸し…美味しかった!
もうお腹が大きくなりすぎて、あまり食べられないので
しばらくは「6分食」に。
このうちパン、ドリンクヨーグルト、バナナはおやつの時間に食べるメニュー。
それでも食べきれないので、パンは毎食
お家で留守番してる犬のまろへのおみやげに…。

豆柴なのに、このままじゃデブ柴にー!(笑)

ところで昨晩は眠れないくらいお腹が張って、
早産につながるのでは?と怖くなったので
夜中にモニターつけて調べてもらったら…
「これは子宮の張りじゃなくて、便秘の張りだね」だって!
ああ勘違い!でもちょっとほっ。

うれしい伝染

ずっと自分のことを若い若いと思っていたんだけど
気がついたら来月で35歳!
わー、普通に「高齢出産」と称される年齢になってもた。

だけどなぜか今年は同級生の妊娠・出産ラッシュなのよね。
高校のクラスメイトで今も仲良くしてる6人の中で
今年に入って3人が相次いで妊娠!
みんな地元を離れてるのにスゴい伝染力?!

ところで一般に高齢初産はリスクが高いとか、マイナスなことばかりがクローズアップされるけど
ほんとにそうなのかな?

私の場合は周りに出産経験者が多いので、
たくさんアドバイスを得られるのが何よりの利点。
そして夫婦として気持ちの余裕も産まれてきた。
他にも社会的、経済的にも安定期に入ってる人も多いので
案外メリットもあるんじゃないかと思う。

だけど体力と妊娠力は落ちてくるものなので
うかうかもしてられないんだけどね。

昔に比べると医療も社会の支援も充実してきたので
使えるところはしっかり支えてもらって、頑張っていきたいものです。

高齢初産のみなさん、たくさんの感動をこれから味わっていきましょうね。
先輩母のみなさん、未熟者にご援助を?。
記事検索
最新コメント
最新トラックバック
livedoor プロフィール
QRコード
QRコード
  • ライブドアブログ