ぽれぽれ☆おさやん

おさみさおです!
フリーアナウンサーで英語講師、双子の母もやってます~。

2006年02月

週末あれこれ

週末の感動をピックアップ。

23日(木)。エエラボのグループ展「自己宣伝癖展」へ。
地元静岡のアーティスト集団エエラボは
いつもいろんな作品で私たちを楽しませてくれる。
くにゃくにゃ粘土の犬がしっぽをふりふり・・・
クレイアニメはやっぱり傑作!何度見てもあきない。
おもしろいものがいっぱい。

24日(金)。番組に出演してくれた・・・
「佐藤良成バンド」のライブを聞きにマカンマカンへ。
アコーディオンにコントラバス、ペダルスティール(初めて見た!)、
使う楽器を聞くだけで興味津々。
しかもカントリーとか、黒人霊歌など、古い英語の歌を
良成さんの感性で訳して歌う。
えっ、そんな歌になっちゃうの?!素敵な感動です。
番組でのゆるゆるトークも大好評でした。

25日(土)。カンテキ居酒屋「ゑびす町」のサヨナラPARTY@RED ROCKへ。
ゲストにミズモトアキラさんを迎えたDJイベント。
おニャンコの「じゃあね」で大熱唱!
30代にはたまらないワンダフルナイトで
ありゃりゃゑびす町ってこんな店だったっけ?と軽く疑問に思いつつも
久々のクラブイベントで盛り上がる。
いやいや、こんなワンダフルなメンバーが集まったゑびす町。
ほんとに素敵なお店でした!
次はどんなお店に生まれ変わるのか・・・
柏原ワインは置いてくれるのか・・・(ゑびす町のたくさんは河内の人なのです)
楽しみにしてます。

おつかれさまでした!

復活まろ

e4e97d8e.jpg
報告が遅くなりましたが・・・
まろちゃん、無事肝臓病から回復しましたー拍手

心配されたGPT数値も「1000over」から
標準値の「50」にまで下がり
元気も出て走り回ってます。

原因は不明ですが・・・
お医者さんの話では、薬が体に合わなかったり
除草剤をなめたり・・・でもこんな症状が出るのです。

それから気になった話が、、、
最近静岡市内の河原で、毒を食べて
具合が悪くなってしまう犬が何件か報告されているそうです。
嫌がらせだとしたら悲しいですよね。

家族同様のワンコが痛い思いをしないように、
近所の人からも愛されるように、
マナーは守りたいものですね。

まろも拾い食いに気をつけろー!
キッチンドランカーも禁止ー!


今日のmusic・・・FPM
imaginations
imaginationsFantastic Plastic Machine タヒチ80 CLAZZIQUAI PROJECT


Amazonで詳しく見る
by G-Tools

フライトプラン

映画「フライトプラン」を見た。
おもしろいっ!ジョディ・フォスターかっこいいお母ちゃんぶりっ!

見る前は「シックスセンス」みたいなお話かと思い
隠れサインを見逃すまいぞ・・・と気合い入れてたら
ぜんぜん違う展開で、ひゃーおもしろいよコレは。

ネタバレしちゃうので多くは語れませんが・・・
これは現代社会で大いにあり得るお話だと思いました。
一番心に残った言葉は、アラブ人のこのセリフ。

「私なら一瞬たりとも6歳の子どもの手を離さないし
 いなくなったからといって、他人のせいにしない」


日本でも子どもを巻き込む事件が毎週のように起きていて
(滋賀の2園児刺殺事件も記憶に新しいところ・・・)
そこにこのセリフ。うーん、とても考えさせられました。

私たちの記憶はたぶんいろんなことに操られていることに気づき
背筋がぞぞーっとも。

アムールアムール?沖縄の香り

4f5a3b24.jpg
調香師・新間美也さんの香りのイベント
「amour amour」に行ってきました。

今回新間さんがお披露目するのは
沖縄の香り「UTAKI」
ウタキとは、沖縄の言葉で“聖なる地”という意味。

「沖縄のみかん“カーブチー”の香りから
沖縄の香水を作ってほしい・・・」
沖縄の方からそんな1通のメールが新間さんに届いたことから
UTAKIは生まれました。

沖縄に20年帰っていない人がカーブチーの香りをかいだ時に
故郷を思って涙をぽろぽろこぼしたそうです。

スパイシーで、沖縄の太陽と土を思わせるような香り。
最近沖縄に親戚ができた私にとっても
お気に入りの香りになりそうです。

イベントでは、静岡のエイサーチーム「琉神」
ウタキの香りを振りまきながら盛り上げてくれました。

「静岡はせまい」と言うけれど、
新間さんのイベントはいつ出かけても
ほんとにいろんな各界の知合いに出会えます。

それだけたくさんの人脈を持っていて
出会いからまた新たな香りを生み出す新間美也さん。
静岡が誇る魅力的な女性の1人です。

「ほんとうのウタキは心の中にある」
沖縄の人じゃなくても、ふるさとが愛しくなる香りUTAKI・・・
オキネシアのサイトから購入もできます。

博士の愛した数式

映画「博士の愛した数式」を見た。

先日、原作となった小川洋子の小説を読み終えたばかりの私は
ふいに出会った数字に愛着を持つくらいどっぷりこの世界にはまっていた。

例えば「身長169センチです」と言われると
169は13の平方根で、13は素数で、なんて美しい数字!というくらい。

小説の方が100倍くらいいいです。

いろんな要素をはしょって2時間で簡潔させるには無理があると思った。

寺尾聰演じる博士の背広にはもっとベタベタ・・・メモ用紙をつけなくっちゃ。

浅丘ルリ子演じる義姉は、そんなに早く関係をばらしちゃダメだわ。

博士が見に行くのは少年野球じゃなくて、阪神戦じゃないと意味がない。

博士へのプレゼントも、幻の江夏の野球カードじゃなくっちゃ。

そして何より、映像になるより文字だけの小説の方が
数式が美しく思えた。

中学・高校の頃、文系だったけど、きちんと答えが出る数学が結構好きだった。
あの頃、このお話があったら、私は違う道に進んでたかもしれないなぁ。

さて今読んでる本は、「博士の愛した数式」の作者、
小川洋子の「凍てついた香り」。
ここでもやっぱり数学が絡んでくるんだけど、
キーパーソンの職業が「調香師」!

実は今週2/10(金)のフラグルに、実際に「調香師」として活躍している
新間美也さんをお迎えします。
なんかすごくうれしい偶然電球お楽しみに?。

博士の愛した数式
博士の愛した数式小川 洋子


Amazonで詳しく見る
by G-Tools
続きを読む
記事検索
最新コメント
最新トラックバック
livedoor プロフィール
QRコード
QRコード
  • ライブドアブログ